白髪の原因はストレス?


白髪の本当の原因はストレスだった。
このようなことを聞いたことはないでしょうか?
年だからじゃないの?いやいや、きっとそう、など賛否両論ありますが、白髪とストレスはとても関係が深いと言われています。
ですから、結論から行くと、ストレスをためている毎日ですと、白髪になるスピードは速くなります。
髪の毛の色を決めるメラノサイトの元をたどると神経細胞から分かれてきたものとされています。
ということは、神経との関連はとても強いとされています。
人間はストレスを感じると、あらゆる器官で非常事態宣言を出します。
これは、自分の身を守ることで、今まで普通に体内で機能していたことが、一度徴収をかけられ、別の機能が発進するようです。
ですから、ストレスによる体の異常が言われるのですが、これも身を守るための手段です。
その一つがメラノサイトの働きです。
ストレスがかかると、神経細胞は気が動転してしまい、メラノサイトにかまっていられなくなり、栄養が行き届かなくなるのが、白髪の原因だと言われています。
なんだか漫画のような話ですが、神経と白髪はじつは関係が深いということなのです。
ストレスは、精神的なものばかりでなく、慢性的な睡眠不足や疲労などでも大きく影響します。
自覚のないストレスも白髪を増やしていると言われていますから、充実感ある毎日を過ごすこととなるべく太陽の動きとともに生活ができるような余裕を持った毎日でいることが白髪に良い影響を与えます。
ストレスを反対に糧とするくらいの余裕があれば、白髪も増えないかも?