白髪が生えてくる理由と原因


白髪がどうして生えるのか?
同じ年齢なのに、白髪が多い方と少ない方もいますし、白髪が生える年齢も人によって様々です。
白髪が生えるメカニズムの前に、髪がどうして色が付くのか?ということから、白髪の生える原因とをみてみましょう。
毛穴の一つ一つに1本の毛髪が生えていますが、皮下をたどると毛乳頭があります。
この中に毛母細胞があり、タンパク質のケラチンを持って、毛を作っています。
その際に、毛母細胞の周りのメラノサイトで作られる色素があり、毛母細胞ができるときに、色素が染め上げていくという仕組みになっています。
この時に、メラノサイトには、チロシナーゼという酵素があり、これが減少していくことで、毛母細胞から出てくる毛に色をつけたりたけなかったりという現象になります。
チロシナーゼは加齢とともに減ってしまうこともあり、高齢になるにしたがって減っていき、白髪が生えるのですが、理由はそれだけではありません。
十分に栄養のある食事をして、規則正しい生活をしているのにもかかわらず、白髪になってしまうのは、チロシナーゼがもともと少ないか、親などの遺伝も原因として考えられます。
そして、最近は、白髪の一番の原因がストレスではないかと言われています。
感情的に今ストレスとわかるもの以外にも、常に何かのストレスを感じていることで、感情よりも先に細胞が察知してしまうことで、正常な働きができなくなると言われています。
特に、ムリなダイエットの場合は、栄養不足とストレス過剰で、白髪を作っているようなものと言われています。
要するに、白髪が生える原因というのは、体内の色素や色をつけるための酵素の減少と言われています。