違いはなに!?白髪染めに男性用と女性用がある理由


白髪染めでは、男女の区別があるものもあります。
よく夫が妻の白髪染めを使ってしまったぁなんていう声も聞きますが、ご安心ください。
白髪染めで使われている主成分は男女の区別はありません。
あえて男女別にしているのは、香り成分や色合い、手触りの違いと、パッケージの問題です。
しなやかでふわふわな髪の女性がモデルになっている白髪染めで、男性もOKとあっても、なかなか男の方は手にとることができませんよね?
また、香りがフルーティなんていう場合も同じです。
でも、そんな香りや手触りがOKという場合は、もちろん男性が使ってもいいんです。
白髪染めの中味は、男性でもしっかりと染めることができます。
最近は、男性も白髪染めを行う方も増加していますから、これはメンズだと強調することで、売上にも関係してくるのだと思います。
メーカーの問題でしょう。
自然成分の白髪染めなどは、男女OKとわざわざ書いてあるものも多くなっています。
基本的には、成分の違いはありませんから、夫婦で同じ白髪染めでも安心ということになります。
ただし、色に関しては、男性女性の好みもあるかもしれません。
これはメンズだけど、色がすきと女性が使っているケースもありです。
あの部長って、私の母が使っている白髪染めと同じ香りがするんだけど、なんていうオフィスでの女子トークも聞かれることもあったりして。
その女子たちに、部長は決して変態ではありませんよ、と言いたいくらいです。