髪の毛の痛みが心配!白髪染めの適正な頻度


白髪染めは、髪を傷めるものを多く含んでいます。
しかし、自然成分のものについては、その限りではありませんが、市販の白髪染めについては、使い方を間違えると、白髪は染まりますが、髪の傷みが半端無くひどくなってしまいます。
髪は何でできているの?と思ってしまうような人間の肌とは限りなく関係ないようなものなのですが、髪の主成分はタンパク質です。
黙っていても伸びていくのですが、しっかりと栄養をたたえた体の一部です。
そして、白髪染めは、化学反応で白髪を染めることになります。
人間の体と化学反応。
良い影響があるわけはありません。
健康体であるならば、アレルギーなどを持っていないのならば、たいしたことではないのですが、頻繁な白髪染めでは、髪自体おかしくなってしまうことは当然のことです。
一度白髪染めをしたのなら、少なくとも1ヶ月は様子を見ましょう。
その間、髪は自力で、化学反応に打ち勝つだけの回復力で、傷みも解消できているはずです。
もちろんその間はトリートメントなどをすることをお勧めします。
そして、残念ながら、白髪もしっかりと増えていますから、頃を見計らって、白髪染めをするようにしてください。
この1ヶ月というのは最低の長さだと言われています。
あまりにも目立ちすぎる、でも髪の傷みが気になるというかたは、髪の傷みが少ないと言われる自然成分のものを使用することをお勧めします。
それですと、髪の傷みも少なく、いつも白髪を目立たなくさせることができます。
市販の化学反応の白髪染めと自然成分のものの兼用がよろしいかも?