いったい何が違うの??白髪染めとおしゃれヘアカラーの違い

白髪染めとヘアカラー、違いは何?
両方共に髪を染めるという面では同じ行為になります。
ただし、白髪染めは白髪を初めることができますが、ヘアカラーは白髪を初めることができないのです。
大きな違いはそこにあります。
くわしく言うと、この2つの“髪を染めることができる薬剤”は、髪に対して同じような働きをします。
白髪染めは、黒も白も茶も関係なく、とにかくすべての髪の色を染めることができます。
しかし、ヘアカラーは、特殊な形で、色のある色素に反応するという特徴を持っています。
ですから、どうしても白髪のある髪にヘアカラーを使った場合、黒髪部分だけが染まって、白髪は白髪のままという事になってしまいます。
白髪がある方が、まともにヘアカラーを使ってしまうと、白髪はヘアカラーに色にならないことになります。
ですから、白髪がある方がヘアカラーを使いたいときには、白髪染めで一度染めてから、ヘアカラーを使うことで、キレイな色になることを納得していただきたいと思います。
染料の量や強さなどをみても、強力に白髪を初めることができる白髪染めの方が強いと言われています。
ヘアカラーではかぶれないけれど、白髪染めを使うとすぐかぶれてしまうというのは、このような理由があるからなのです。
そして、ヘアカラーは豊富な色が揃っていますから、どうしてもヘアカラーを使ってしまう方が多いようですが、白髪が目立ってくると、最初に白髪染めというステップを踏まなければならないことになります。

白髪染めでかぶれちゃった!?そんな人にもおすすめのヘナ白髪染め

白髪染めを使ってかぶれてしまった、という方には、ヘナ白髪染めをお勧めします。
ヘナとは、天然成分の白髪染めです。
原産はインドで、昔から染料に使われていたという伝統的な染め剤です。
それが日本に、白髪染めとしてやってきたのは最近のことですが、市販の白髪染めでかぶれやアレルギー反応が出る方に評判になっています。
白髪染めとヘナの大きな違いは、白髪染めの工程にあります。
白髪染めは、化学反応を起こして、毛の中に染料を定着させて白髪に色をつけます。
そのときに、髪本来のキューティクルなどを破壊し、いうなれば無理やり入っていくことになりますから、白髪染めを使うと髪が傷むのです。
しかし、ヘナは自分がもつ色素成分が、髪の主成分のケラチンに絡みつくことで、色をつけます。
ですから、髪を傷めることなく、毛髪の成分も破壊することがありませんから、かぶれる心配もないのです。
もともと薬草として使われたものですから、反対にヘナには髪にうるおいを持たし、保水力を高めるというトリートメント効果も期待出来ます。
自然な染め上がりという面においては、ヘナの魅力は持ってこいということなのですが、市販の白髪染めのように、絶対にこの色が出るという保証がないのは、デメリットになります。
少し赤っぽくなるということでは、ヘナはいいんだけど…という方も多いようです。
かぶれやアレルギー反応体験者なら、このヘナお勧めです。
さまざまな種類がありますから、お好きな色に挑戦をしてみてください。
かぶれないとわかると、それも安心ではないでしょうか?

ムラは出ない?すすぎの時間は?自分で上手に白髪染めする方法

自分で白髪染めをするのは、コスパのためにもいいんだけど、どうもうまく染まらなくてという悩みもあるようです。
その中でも、ムラが出たり、染めるのに時間がかかってしまったり、あちこち汚してしまうなど、何かと面倒なこともあります。
コツはいくつかありますが、まずは場数をこなすことをお勧めします。
自分で使いやすくて、色も良く、もちろんコスパに適している白髪染めを見つけたのなら、書いてある通りの手順で、何回も行ってみてください。
この慣れが、一番の上達法です。
その上で、まずは全体の髪を見て、染めたい部分をピンポイントで染めていきます。
全体ではなく、ここの部分はというところを決めておいてください。
白髪染めをつけたら、そのまま放置することになりますが、その時に根元の毛を浮かせて、酸素を入れるようにしてください。
この酸素吸入が、白髪染めをより酸化させ、キレイに染め上げることができます。
そして、全体を良くすすぎ、ムラがないかを調べてみてください。
あー、また失敗という時には、同じようにピンポイントからの白髪染めを行なってみてください。
特に後ろは、自分で確認が難しいですから、予め調べておくことをお勧めします。
できれば、アシスタントがいれば、かなり成功率は高くなりますね。
自分が見えない部分などを、見てもらいチェックができますから、ムラなく、染め忘れもなくなります。
白髪染めの上達法は、何回も行う、この経験がポイントになります。

髪の毛の痛みが心配!白髪染めの適正な頻度

白髪染めは、髪を傷めるものを多く含んでいます。
しかし、自然成分のものについては、その限りではありませんが、市販の白髪染めについては、使い方を間違えると、白髪は染まりますが、髪の傷みが半端無くひどくなってしまいます。
髪は何でできているの?と思ってしまうような人間の肌とは限りなく関係ないようなものなのですが、髪の主成分はタンパク質です。
黙っていても伸びていくのですが、しっかりと栄養をたたえた体の一部です。
そして、白髪染めは、化学反応で白髪を染めることになります。
人間の体と化学反応。
良い影響があるわけはありません。
健康体であるならば、アレルギーなどを持っていないのならば、たいしたことではないのですが、頻繁な白髪染めでは、髪自体おかしくなってしまうことは当然のことです。
一度白髪染めをしたのなら、少なくとも1ヶ月は様子を見ましょう。
その間、髪は自力で、化学反応に打ち勝つだけの回復力で、傷みも解消できているはずです。
もちろんその間はトリートメントなどをすることをお勧めします。
そして、残念ながら、白髪もしっかりと増えていますから、頃を見計らって、白髪染めをするようにしてください。
この1ヶ月というのは最低の長さだと言われています。
あまりにも目立ちすぎる、でも髪の傷みが気になるというかたは、髪の傷みが少ないと言われる自然成分のものを使用することをお勧めします。
それですと、髪の傷みも少なく、いつも白髪を目立たなくさせることができます。
市販の化学反応の白髪染めと自然成分のものの兼用がよろしいかも?

種類が多くて選べない!自分にあった白髪染めの選び方

白髪染めの種類はとても豊富にあります。
ドラッグストアで、白髪染めコーナーに行くとよくわかりますが、たくさんの商品が並んでいます。
これではどれを使っていいのか迷います。
価格で選ぶというのなら、迷わず安いものに手を出すことでしょう。
その前に、ちょっと待った、です。
その白髪染めが自然成分だけのものであり、体質に関係なく誰でも使用できるものなら、文句なく手を出してもOKです。
しかし、2つの薬剤を混ぜて使うものに関しては、アレルギー反応が出やすいと言われています。
せっかく安く買ったのに、使えないとなると無駄になってしまいます。
また、別の観点からは、白髪染めの形状ですが、クリーム、ホイップ、液体などがあります。
中には手を汚さないというものもありますから、使いやすそうなものを選んでみるというのも良いかもしれません。
そして、肝心な色です。
サンプルとして写真や実物の毛髪を模したものがある場合がありますが、お好きな色で白髪染めを選ぶのも大切かもしれません。
ただし、この色に関しては、100%の保証がありませんから、多少変わることを了解の上、お買い求めください。
最近では、ドラッグストアだけではなく、ネットで購入される方も多いようですが、実物を見ることができませんから、よくよく注意をして検討してみてください。
ネームバリューのある白髪染めやすこぶる評判の良い物など、ネットではいろいろ比較して白髪染めを選ぶことができます。
それらを参考にするのも良いでしょう。

違いはなに!?白髪染めに男性用と女性用がある理由

白髪染めでは、男女の区別があるものもあります。
よく夫が妻の白髪染めを使ってしまったぁなんていう声も聞きますが、ご安心ください。
白髪染めで使われている主成分は男女の区別はありません。
あえて男女別にしているのは、香り成分や色合い、手触りの違いと、パッケージの問題です。
しなやかでふわふわな髪の女性がモデルになっている白髪染めで、男性もOKとあっても、なかなか男の方は手にとることができませんよね?
また、香りがフルーティなんていう場合も同じです。
でも、そんな香りや手触りがOKという場合は、もちろん男性が使ってもいいんです。
白髪染めの中味は、男性でもしっかりと染めることができます。
最近は、男性も白髪染めを行う方も増加していますから、これはメンズだと強調することで、売上にも関係してくるのだと思います。
メーカーの問題でしょう。
自然成分の白髪染めなどは、男女OKとわざわざ書いてあるものも多くなっています。
基本的には、成分の違いはありませんから、夫婦で同じ白髪染めでも安心ということになります。
ただし、色に関しては、男性女性の好みもあるかもしれません。
これはメンズだけど、色がすきと女性が使っているケースもありです。
あの部長って、私の母が使っている白髪染めと同じ香りがするんだけど、なんていうオフィスでの女子トークも聞かれることもあったりして。
その女子たちに、部長は決して変態ではありませんよ、と言いたいくらいです。

白髪が生えてくる理由と原因

白髪がどうして生えるのか?
同じ年齢なのに、白髪が多い方と少ない方もいますし、白髪が生える年齢も人によって様々です。
白髪が生えるメカニズムの前に、髪がどうして色が付くのか?ということから、白髪の生える原因とをみてみましょう。
毛穴の一つ一つに1本の毛髪が生えていますが、皮下をたどると毛乳頭があります。
この中に毛母細胞があり、タンパク質のケラチンを持って、毛を作っています。
その際に、毛母細胞の周りのメラノサイトで作られる色素があり、毛母細胞ができるときに、色素が染め上げていくという仕組みになっています。
この時に、メラノサイトには、チロシナーゼという酵素があり、これが減少していくことで、毛母細胞から出てくる毛に色をつけたりたけなかったりという現象になります。
チロシナーゼは加齢とともに減ってしまうこともあり、高齢になるにしたがって減っていき、白髪が生えるのですが、理由はそれだけではありません。
十分に栄養のある食事をして、規則正しい生活をしているのにもかかわらず、白髪になってしまうのは、チロシナーゼがもともと少ないか、親などの遺伝も原因として考えられます。
そして、最近は、白髪の一番の原因がストレスではないかと言われています。
感情的に今ストレスとわかるもの以外にも、常に何かのストレスを感じていることで、感情よりも先に細胞が察知してしまうことで、正常な働きができなくなると言われています。
特に、ムリなダイエットの場合は、栄養不足とストレス過剰で、白髪を作っているようなものと言われています。
要するに、白髪が生える原因というのは、体内の色素や色をつけるための酵素の減少と言われています。

白髪の予防方法

白髪の予防方法がこれだというものがあれば、嬉しいですね。
いろいろと言われていますが、まずはタンパク質を豊富に摂ることです。
なんといっても、毛髪の元ですから、元が強くなければ、髪も生えてこないことになります。
白髪の原因はメラノサイトやチロシナーゼという酵素です。
これを減らさないようにすることが何よりも大切ですが、それにはストレスがかからない生活をすることです。
バランスの良い食事と規則正しい生活が何よりということになります。
そして、先に挙げたタンパク質ですが、じゃ肉?と思いたいのですが、白髪予防のためには、肉ではなく、魚や大豆製品がお勧め。
もちろん肉はダメというのではなく、どちらかというと魚などの方が効果的ということです。
また、海のものは、髪に良いという話を聞いたことがあると思います。
例えば、ワカメや昆布ですが、これを食べると白髪予防になる?と言いたいところですが、直接的な効果はありません。
ただ、良質なタンパク質と一緒に沢山食べることで、体内の代謝を高めることになります。
これが結果的に健康な体を作り、髪に良い影響を与えると言われています。
同時に運動も毎日続けてみてください。
頭皮に汗をかくほど体を動かすことは、血行促進と老廃物の排出に役立ちます。
血行は、頭皮にとっては命綱というべきもの。
毛母細胞が活発に得動くのも、新鮮な血液が豊富な栄養を運んでくれるからなのです。
ということは、健康な毎日を過ごすことで、白髪予防ができるということになります。
ただし、この生活をしたからと言って、永遠に白髪が生えてこないということではありません。
ある年齢になれば、当然白髪は生えてきます。

白髪は抜いたら増える!?

白髪を見つけたら、1本くらいなら抜いてしまいますが、白髪を抜くとかえって増えてしまうという話を聞いたことはないでしょうか?
白髪が生えるのは、メラノサイトの減少などですから、抜いたとしても影響はないはずですが、それが少しは影響があると言われています。
髪の毛を抜くと痛いでしょう。
自然に抜ける髪の毛については、寿命とともに抜けますから、痛いことはありません。
ただし、偶然抜けたり、白髪を抜くこと自体、いたいっと思うと思います。
この事自体、その白髪は抜ける時ではなく、わざとに抜くことで、頭皮や毛根に刺激を与えたといえます。
時には、その抜いた毛根を傷つけていることも…。
1本白髪が見つかると、他にはないかと探し始めると思います。
何十万本とある髪をかき分けることで、1本白髪があると、当然2本目もあるということで、何となく白髪が増えたと思うことのようです。
この毛根を傷つけることは、白髪を増やす原因の一つと考えられています。
本来なら、メラノサイトが正しく機能するはずが、チロシナーゼの酵素が働きかけるはずが、毛根の損傷により正常にいかなくなることも原因の一つでしょう。
しかし、白髪を見つけた年が50歳を過ぎている場合は、そろそろ白髪が出てきてもおかしくないと考えてください。
メラノサイトだって、チロシナーゼだって、もっと言うと、コラーゲンなども減っていっている証拠。
ですから、わざわざ抜いて、毛根を傷つけることは、しないほうが得策でしょう。

白髪が生えてこない方法ってあるの?

白髪はイヤ、とにかく生えない方法はない?ということですが、これを行うともう絶対に白髪は生えてこないという方法はありません。
というのも、白髪は生える方は止めることができませんし、人間が老化するのと同じ仕組とお考えください。
ただし、白髪の生え方を遅くしたり、白髪がないように見せたり、健康的な毛髪にしたいということはできます。
一つは白髪染めをすることです。
決して、白髪が生えない方法ではなく、正々堂々と隠すと言ったことになります。
そのほかのものとしては、白髪を目立たなくするシャンプーやリンスと言ったヘア・ケア製品を使ってみるのも良いかもしれません。
これは、シャンプーをするたびに、少しずつ髪を染めていくというものです。
白髪染めのように一晩で黒くなるものではないのですが、シャンプーだけで白髪がなくなっていくのは、気分としてもいいものです。
白髪を予防するための食生活は、たんばく質のほかに、アーモンド、ごま、アボガド、海苔などの海藻類、牛レバーなどがあります。
また、頭皮の健康を促すために、マッサージをしたり、新陳代謝を促す運動もお勧め。
十分な睡眠時間の確保とストレスのない生活を行うことなど、絵に描いたような健康的な毎日が、白髪の予防に役立つと言われています。
これだけの事を毎日完璧に行うことで、極端に白髪か生えてくることはないと思われます。
あくまでも極端にということだけで、生えてくる白髪がゼロになるわけではありません。