トータルなメニューがとてもいい理容師

gf1420321563

2か月に1度通う美容室があります。

この美容室に通い続ける理由

この美容室に通い始めたきっかけは、カットがとても上手だったということからです。

その時担当したくれたのが店長でした。

店長は初めての私にいろいろ質問をし、カットのデザインを決めてくれました。
頭の恰好や髪質に合わせたアドバイスがあり、それなら任せて見ようと思いました。

カットしてもらう間はどんなふうに出来上がるのかわかりませんが、とても腕のよさそうな信頼のおける店長の様子が伝わります。
カットが終わった後、とても満足のいく形に出来上がりました。
カットしてもらう間の店長との会話もとても楽しいのです。

共通の趣味があることは、会話もはずみます。店長も気兼ねなくいろいろ聞いてくれ、
また教えてくれます。

そういった時間が持てることも美容室のキメ手になる所です。
そして、特にシャンプーとその後のマッサージの仕方もお店の特徴にもなります。

お気に入り(or理想)の美容室 – アンケート 解決済 | 教えて!goo

トータルで満足できる

シャンプー後は頭から肩にかけてのマッサージが心地いいのです。
しっかりとしたマッサージは専門的で頭だけでなく身体全体がほぐれます。

こういったトータルなメニューで満足できることが、とても魅力的です。

自分に合った職種を選べる理容師求人サイトはこちらhttp://www.hairmodekikuchi-recruit.com/

白髪は抜いたら増える!?

白髪を見つけたら、1本くらいなら抜いてしまいますが、白髪を抜くとかえって増えてしまうという話を聞いたことはないでしょうか?
白髪が生えるのは、メラノサイトの減少などですから、抜いたとしても影響はないはずですが、それが少しは影響があると言われています。
髪の毛を抜くと痛いでしょう。
自然に抜ける髪の毛については、寿命とともに抜けますから、痛いことはありません。
ただし、偶然抜けたり、白髪を抜くこと自体、いたいっと思うと思います。
この事自体、その白髪は抜ける時ではなく、わざとに抜くことで、頭皮や毛根に刺激を与えたといえます。
時には、その抜いた毛根を傷つけていることも…。
1本白髪が見つかると、他にはないかと探し始めると思います。
何十万本とある髪をかき分けることで、1本白髪があると、当然2本目もあるということで、何となく白髪が増えたと思うことのようです。
この毛根を傷つけることは、白髪を増やす原因の一つと考えられています。
本来なら、メラノサイトが正しく機能するはずが、チロシナーゼの酵素が働きかけるはずが、毛根の損傷により正常にいかなくなることも原因の一つでしょう。
しかし、白髪を見つけた年が50歳を過ぎている場合は、そろそろ白髪が出てきてもおかしくないと考えてください。
メラノサイトだって、チロシナーゼだって、もっと言うと、コラーゲンなども減っていっている証拠。
ですから、わざわざ抜いて、毛根を傷つけることは、しないほうが得策でしょう。

白髪が生えてこない方法ってあるの?

白髪はイヤ、とにかく生えない方法はない?ということですが、これを行うともう絶対に白髪は生えてこないという方法はありません。
というのも、白髪は生える方は止めることができませんし、人間が老化するのと同じ仕組とお考えください。
ただし、白髪の生え方を遅くしたり、白髪がないように見せたり、健康的な毛髪にしたいということはできます。
一つは白髪染めをすることです。
決して、白髪が生えない方法ではなく、正々堂々と隠すと言ったことになります。
そのほかのものとしては、白髪を目立たなくするシャンプーやリンスと言ったヘア・ケア製品を使ってみるのも良いかもしれません。
これは、シャンプーをするたびに、少しずつ髪を染めていくというものです。
白髪染めのように一晩で黒くなるものではないのですが、シャンプーだけで白髪がなくなっていくのは、気分としてもいいものです。
白髪を予防するための食生活は、たんばく質のほかに、アーモンド、ごま、アボガド、海苔などの海藻類、牛レバーなどがあります。
また、頭皮の健康を促すために、マッサージをしたり、新陳代謝を促す運動もお勧め。
十分な睡眠時間の確保とストレスのない生活を行うことなど、絵に描いたような健康的な毎日が、白髪の予防に役立つと言われています。
これだけの事を毎日完璧に行うことで、極端に白髪か生えてくることはないと思われます。
あくまでも極端にということだけで、生えてくる白髪がゼロになるわけではありません。

なぜ歳をとると白髪が増えてくるの?

年をとったら、白髪が増えるというのは、メラノサイトの活動が縮小されてしまうからなのです。
ここもひとつの細胞組織です。
加齢とともに、細胞の働きがわるくなるように、髪に関しても同じ事です。
決して特別なことではなく、誰でも必ず年をとってしまうということになります。
では、メラノサイトの活動を復活させることができれば、白髪も増えない?ということですが、これは原理からいくと、そうでしょう。
何でもそうですが、人間の体は生れたときから老化が始まっていると言われています。
20歳をピークにそれは上昇方向の老化であり、そこから先は長い下降の道をたどっています。
その途中で、白髪があるとお考えください。
老化が上昇しているときは、すべての活動が活発化していくのですが、下降になると活動も小さくなります。
老化は止められないのです。
しかし、人間は、食べ物や生活の改善などの工夫により、老化を少しでも食い止めようと努力をして、いろいろな商品を生み出しています。
その一つにサプリメントがあります。
白髪の原因とも言えるメラノサイトの活動に寄与することができるかもしれないというサプリメントもあります。
それは、ビタミンやヨード、ミネラル等です。
現在、白髪対策以外でもサプリメントを飲んでいるという方も、白髪を増やさないためにこれらのものを増やしてみてはいかがでしょう?
と言っても、年はとるとどうしても限界があり、白髪も増えるのは当然ということです。
それをどう捉えるか?
白髪が増えてきたから、白髪染め!
これでもOKではないかと思いっている方も多いのでは?

ワカメを食べると本当に髪が黒くなるの?

ワカメを食べると白髪が黒くなるというのは、半分だけ本当です。
ワカメには多くのヨードが含まれていて、これが毛母細胞に良いと言われています。
毎日何十年間もワカメを食べ続けていて、高齢になっても白髪が少ないという方ももちろんいらっしゃいます。
ただし、ワカメだけの影響ではなく、そのほかも健康的な毎日をすごされてきたと予想される場合です。
しかし、少なくとも、毎日ワカメを食べることは、髪には良い影響を与えることは確かですし、白髪にも何かしらの影響はあると考えられます。
これが、ワカメが白髪に良いということです。
ワカメを食べると白髪が黒くなる?
白髪を見つけて抜いてみると、途中から黒くなった毛を見つけたことはないでしょうか?
これこそ、白髪が黒くなるということでしょう。
頭皮や毛母細胞に良いと言われるヨードやビタミン、ストレスも解消して、すっかりヘルシーな毎日を過ごすことで、このような現象もありです。
ただし、どうやったらなる?という厳密なことはありませんが、黒ゴマを毎日食べ続けたり、ブルーベリーを食べたらなった、髪に良いシャンプーの使用、勧められたサプリメントなど、健康と思われることを行った場合、白髪が黒くなる“可能性”がある“かもしれない”ということです。
このことは、個人の老化のスピードとも関係します。
白髪を黒くするために、いっその事、健康的な毎日を送ろうか…。
という場合は、きっと効果があると思います。
ワカメと白髪の確証はありませんが、白髪が黒くなるというのは、ない話ではなく、半分だけは正解と思って良いということになります。

白髪の原因はストレス?

白髪の本当の原因はストレスだった。
このようなことを聞いたことはないでしょうか?
年だからじゃないの?いやいや、きっとそう、など賛否両論ありますが、白髪とストレスはとても関係が深いと言われています。
ですから、結論から行くと、ストレスをためている毎日ですと、白髪になるスピードは速くなります。
髪の毛の色を決めるメラノサイトの元をたどると神経細胞から分かれてきたものとされています。
ということは、神経との関連はとても強いとされています。
人間はストレスを感じると、あらゆる器官で非常事態宣言を出します。
これは、自分の身を守ることで、今まで普通に体内で機能していたことが、一度徴収をかけられ、別の機能が発進するようです。
ですから、ストレスによる体の異常が言われるのですが、これも身を守るための手段です。
その一つがメラノサイトの働きです。
ストレスがかかると、神経細胞は気が動転してしまい、メラノサイトにかまっていられなくなり、栄養が行き届かなくなるのが、白髪の原因だと言われています。
なんだか漫画のような話ですが、神経と白髪はじつは関係が深いということなのです。
ストレスは、精神的なものばかりでなく、慢性的な睡眠不足や疲労などでも大きく影響します。
自覚のないストレスも白髪を増やしていると言われていますから、充実感ある毎日を過ごすこととなるべく太陽の動きとともに生活ができるような余裕を持った毎日でいることが白髪に良い影響を与えます。
ストレスを反対に糧とするくらいの余裕があれば、白髪も増えないかも?